テクノユニバーサル

テクノユニバーサル

テクノユニバーサル

テクノユニバーサル株式会社 取締役会長 藤川 一秋

テクノユニバーサル

大学を卒業後、大手商社へ入社。宣伝・広報・企画部門で活躍する。入社16年目にコンピュータ関連の子会社立ち上げを命じられ、社員4名・OA機器の販売からスタート。必死に事業を興し、120名体制のシステム開発会社に成長。しかし社長として「大手企業の子会社ではなく、自分の力で勝負したい」と考え、5名の社員を率いてテクノユニバーサル株式会社を設立。現在に至る。 昔は、バンド活動でエレキギターにはまった。人生では常にチャレンジしたいと考えており、熱い想いを秘めた性格。

社外での各種プロジェクトへの参画

・スーパー本支店間ナレッジソフトウェアプロジェクト
・ネット販売インフラシステム構築コンソーシアム
・家つくろうネット構築コンソーシアム

テクノユニバーサル

仕事は、自分の夢を実現する場。何でもあきらめたらそこで終わり。目標を持ち。 それを実現させる為に、どのように考え、行動していくかがポイントですね。こういった仕事観を持ったのは、 前の会社の設立時。最初に与えられた事務所がホコリだらけの倉庫で、まずは雑巾がけから始めました。 「次は窓のある部屋に移ろう」と仲間と励まし合い、少しずつ目標を設定してはクリアする、というサイクルを作っていったんです。 あの頃は現状に悩んでいたら、きっと投げ出してしまっていたでしょう。

今は会長として、社員の幸せを尊重して、会社を繁栄させたいと考えています。社員に目標を持ってもらって、 実現していって欲しい。会長の私に気軽に話せるよう、自分から社員とコミュニケーションを取っています。 社会人として会長と社員は対等な立場。本音でぶつかり合える存在でありたいと考えています。

現在のスキルやこれまでの経験より、今後にかける意欲を重視します。当社は個性や希望を大切にして、 事業を展開していきたいと考えています。ですから、自分の意思を積極的に出してくれる方がいいですね。 そして喜びも悲しみも、一緒に分かち合っていけたらと思っています。

テクノユニバーサル

代表取締役 齋藤 岳

社内SEを数年経験後、様々なプロジェクトに関わってみたいという想いからテクノユニバーサル株式会社に 入社。現場作業の傍ら、取締役部長を経て平成29年10月に代表取締役社長に就任。どちらかといえば内向的な物静かな性格で 読書が趣味。人生は常に学ぶべきという考えから、プログラミング技術だけでなく、経済学、心理学などさまざまなジャンルの 本を読むことを心掛けている。

テクノユニバーサル

仕事というものは人それぞれ取り組み方、考え方が異なるものだと考えています。きちんと責任ある行動を 取っていれば、「仕事はこうあるべきだ」と一定の概念を押し付けるつもりはありません。さまざまな価値観がさまざまに 存在するこの時代では、仕事に関する考え方もまちまちです。テクノユニバーサルは、さまざまな考え方を持った技術者が、 それぞれの考え方に応じた居心地の良い場所であってほしいと思っています。

安定と成長を実現できる環境を作り出すことが社長としての責務と考えています。 そして会社に対して望むことがあり、自ら行動してそれを実現したいと考える人がいれば、ともに会社を成長させるべく 会社と関わってほしいと思います。そのためにも意見を述べやすい体制を整えることも重要と考えています。

さまざまな技術者がさまざまな現場でさまざまな立場で苦労しています。そこで手にしたノウハウを持ち帰えり、 それをどのように社内で活かし発展につなげていくか。プロジェクトで培った経験を自社の事業にどのように活かしていくか、 これからの大きなテーマと考えています。